読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
備忘録とか。

竜狩りの大弓と鬼討ちの大弓の使い分けについて

またまたダクソ3。

 

タイトルの通り2つの大弓の使い分けについて。

ダークソウル3の大弓カテゴリはこの2種類のみ(ちなみに2は4種類でした)。

しばらく「この2つってどう差別化されてるんだろうか」と

悩んでいたのが解決しましたのでその覚え書き。

要求値と補正

f:id:KingCrimson96:20160625160913j:plain

竜狩りは要求値が力20技20, 補正がD/C。

鬼討ちは要求値が力18技24, 補正がD/B。

今作は「上質キャラを作れ。技量キャラは無いわ。」

とでも言わんばかりの武器だらけなので、少しばかり鬼討ちの技24が重い。

 

威力

ステータスが力30技30のありがちな上質だと要求値の低い竜狩りが鬼討ちに負ける。

f:id:KingCrimson96:20160625161154j:plain

技量特化(?)は不明。

 

表記上の他項目

◯重量

竜狩りが10, 鬼討ちが7.5と鬼討ちの方が軽い。

◯戦技

FP消費除けばどちらも同じ。

盾へダメージが増えるが僅かなものなので死に戦技。

◯耐久度

竜狩りが100, 鬼討ちが65。

ダクソ2と違って耐久値消費が抑えられてるので考慮する必要無し。

◯射程距離

互いに離れすぎると相手が表示されないので竜狩りの50もあれば十分な印象。

◯強靭削り、吹き飛ばし

鬼討ちの大弓+鬼討ちの弓矢でも落下死させることは可能なので、

意識しなくても良いと思われ。

 

発射音

竜狩りはアンカーを接地させた際の「ガションッ!!」という音が結構大きい。

鬼討ちは弓を引き絞る音の「ギュイ...」のみ。音は小さい。

 

相手側に発射音を聞かれると、

→耳エイムで大まかな撃ってきた方向を見られる

→幻肢の指輪着けていても構えた際の矢は透過されない為、2射目を撃とうとするとで正確な位置がバレる

→そのまま逃げられるか裏取りバクスタされるか狙撃ファイトか巨人樹の実使用。。。

となりかねないのでこの差異は本当に大きい。

竜狩りは攻略用、鬼討ちは侵入用でしょうか。

 

発射位置

f:id:KingCrimson96:20160625163926j:plain

f:id:KingCrimson96:20160625163910j:plain

鬼討ちの大弓の方が少しばかり矢の発射位置が上にある。

その為大書庫での侵入などでよく発生する、「柵の上から撃つ」が行い易い。

 

具体的に例を挙げると黒い手2人+ ファーナム装備の居るこの位置で役立つ。

f:id:KingCrimson96:20160625164111j:plain

入り口付近から弓矢を当てて一人ずつ釣ろうとしてるホストを狙撃するのに便利です。

(余談ですが梁上を通って裏取りするとバクスタが決めやすいです。)

 

まとめ

竜狩りの大弓は攻略用、鬼討ち大弓は侵入用。

スポンサードリンク